皮膚科

皮膚科一般診療、日帰り手術、金属パッチテストを行っています。当院での治療が難しい場合、琉球大学医学部附属病院など複数の常勤皮膚科医で対応できる総合病院に紹介しております。
患者様の待ち時間短縮に配慮し、より充実した対応ができるよう取り組んでいます。
金属パッチテストは月曜、火曜のみ実施)

日本皮膚科学会認定専門医研修施設として認定され、信頼できる技術は高く評価されています。

医療レーザー脱毛

医療機関だけが使用できる安心安全のハイパワーレーザー脱毛

様々な肌質、毛質に対応するシネロン・キャンデラ社の脱毛器2種類のレーザーを使い分け、最適な脱毛を施します。

医療レーザー脱毛についてはこちら

診療時間のご案内

診療時間
9:00~11:30 8:00~11:00
14:00~16:30 14:00~16:00

患者様へ ご協力のお願い

その日の担当医数、診療内容(小手術、処置等)、受診者数により受付終了時間を変更させていただくこともございます。 また、紹介状をお持ちの患者様は午前中にご来院くださいますようお願いいたします。 尚、緊急を要する方はその限りではありませんので遠慮なくお申し出ください。 皆様の御理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

全身ナローバンドUVB療法
全身ナローバンドUVB療法

太陽から地上に届いている光は、赤外線・可視光線・紫外線があります。
紫外線(Ultraviolet=UV)を浴びると、日焼けやシミ・シワを作ったり、DNAを損傷させ皮膚癌を引き起こすなど、マイナスな点が注目されています。しかし、波長を限定して、うまく利用すれば私たちの病気を治してくれることもあるのです。
紫外線療法とは、紫外線の中でも、特定の皮膚病に効果を上げる波長を出す医療用紫外線照射装置を使って、治療をすることです。

ナローバンドUVB療法で治療に有効な波長を選択的に照射することで紫外線治療が効果的に行われるようになります。
乾癬、白斑、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎などに 効果があり、一度に全身に照射できる機種は琉球大学に次いで県内で2番目の導入です。

各種アレルギー検査
金属パッチテスト、血液検査(特異的IgE)を行っています。
パッチテスト(アレルギー検査)を受ける方へ

準備

  1. 抗ヒスタミン(抗アレルギー薬、鼻水の薬など)を服用すると判定に影響します。検査1週間前から検査終了までは服用しないで下さい。
  2. 両二の腕、背中の皮膚は、清潔にして保湿剤、薬など一切塗らないで来院して下さい。

検査

  1. パッチテストは、判定の為に指定された日は必ず受診する必要があります。日時の変更は出来ませんので、予め下の表で確認して来院して下さい。
  2. パッチを貼る部位は、両二の腕か背中のどちらかになります。パッチテスター(薬のついたシール)をどちらかに貼り付けますので、貼る部位が露出しやすい服装での来院をお勧めします。
  3. 48時間(2日間)は貼ったままで過ごしてもらいます。病院ではがしますので、自分で絶対はがさないで下さい。

テスト期間中

  1. テスト部位を掻いたりこすったりすると判定に影響が出ます。
  2. 発汗が判定に影響します。運動や暑い場所で過ごすことはなるべく避けて下さい。
  3. 48時間後(2日目)の受診の時に、テスト部位に油性ペンで印と番号をマークします。最終判定までは、消えそうな部位は油性ペンで上書きして下さい。
検査日 判定:48時間(2日後) 判定:72時間(3日後) 判定:1週間後
日曜日 火曜日 水曜日 日曜日
月曜日 水曜日 木曜日 月曜日
火曜日 木曜日 金曜日(午前のみ) 火曜日

診断対象金属

  1. コバルト
  2. スズ
  3. 白金
  4. パラジウム
  5. マンガン
  6. インジウム
  7. イリジウム
  8. クロム6価
  9. クロム3価
  10. ニッケル
  11. 亜鉛
  12. 水銀
  13. ワセリン
日帰り手術
局所麻酔下で表皮のう腫(粉瘤)、母斑(ホクロ)、皮膚悪性腫瘍(基底細胞腫、Bowen病など)の手術を行っています。
顔など、部位によっては形成外科などの専門科へ紹介することもあります。
医療レーザー脱毛
当院ではシネロン・キャンデラ社製のアレキサンドライトレーザー、ジェントルヤグレーザーの2種類の医療用脱毛器を備えております。
医療用として開発された装置ですので、安全面には十分な工夫がされています。痛みが少なく、麻酔の必要はほとんどありません。

医療レーザー脱毛についてはこちら