マウスピース

当科では各種マウスピースを制作しています。

スポーツマウスガード

アスリート専用、あなただけのスポーツマウスガードで、あなたならではのトレーニングを。

スポーツマウスガード

スポーツにはケガがつきものです。特に動きの速いコンタクトスポーツといわれるものでは、(ボクシング、ラグビー、アメリカンフットボール、バスケット)その他あらゆるスポーツに、 顎や顔面域のけがの発生が多くなっています。さらには脳震盪までに及ぶこともあり、それらの損傷あるいは後遺症が与える肉体的、精神的な影響は、社会生活を営む上で極めて重大です。この様なスポーツ外傷から保護する装置としてマウスガードがあります。マウスガードとはスポーツ時に口や顎のケガを防ぐ為、主に上顎につけるものです。
弾力性のある材料で出来ていて歯をすっぽり覆うような形をしています。

注意

マウスガードにはスポーツ用品店などで販売されている簡易型のものもありますが、口をあけるとすぐに落ちてしまったり、正しい咬み合わせができず顎関節(がくかんせつ)を痛めるなどの 不快症状を伴うことがあります。その点、歯科医院で型をとって各々に精密に合わせて作ったマウスガードは安全かつ快適に使用する事が出来ます。マウスガードの充分な効果を得る為には、 歯科医院で正確に型を取って作る事が不可欠です。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)用マウスピース

専門医と連携して制作しています

シーパップ(CPAP:Continuous Positive Airway Pressure 経鼻式持続陽圧呼吸法)中等度から重度の睡眠時無呼吸症候群には、CPAPが最も有効な治療法です。就寝中に鼻マスクを通じて空気圧をかけ、気道の閉塞部を押し拡げることによって、無呼吸・低呼吸をなくす方法です。

CPAPによって夜は熟睡でき 昼間の眠気もなくなるのが普通です。
比較的軽症でマウスピースが有効と診断した場合は、いびき防止装置マウスピース(サイレンサー)を作ってもらいます。
この装置は歯形を取ってご自身の歯にぴったり合ったマウスピースのようなものを作製します。
就寝時にマウスピースをつけると、下顎が前へ出て気道が広くなり、無呼吸・低呼吸が少なくなります。よって正常な鼻呼吸ができ、いびきがおさまり深い眠りが得られます。

歯科のご予約はこちら

当院の歯科は「完全予約制」です。必ず事前にご予約ください。